医療用ウィッグ - ウィッグ&エクステ激安通販

医療用ウィッグ

  • HOME »
  • 医療用ウィッグ

医療用ウィッグ

人気の医療用ウィッグでおすすめは?

病気による脱毛や抗がん剤治療の副作用など、病院での入院や自宅での療養中にも着用したい医療用ウィッグ(医療用かつら)ですが、薄毛や抜け毛を隠すことができるという精神面でのメリットも大きいため、若い女性から年配の方まで、格安でも良いので医療用ウィッグの利用をおすすめします。

医療用ウィッグは、患者さんの負担を減らすように作られている反面、病院や美容院のパンフレットなどに掲載されているような既成品で価格は3万円~、色や髪型を選べるセミオーダーで10万円~、オーダーメイドウィッグで30万円~のように高額で、医療費控除の対象にもならず、金銭面での負担も大きいのがデメリットです。

一般的なファッションウィッグを3千円以下~5千円程度で購入することができる人気のウィッグ通販サイトが製作した医療用ウィッグのようなプレミアムウィッグで代用すれば、かわいい&オシャレな髪型の人気フルウィッグをレンタルよりも安い1万円以下の低価格で、オーダーメイドのような1ヶ月以上という長い納期もかからずに、インターネットの通販で手に入れることができるようになっています。

人気のファッションウィッグブランドが販売する格安の医療用ウィッグでは、リネアストリアのプレミアムウィッグ「天使のウィッグ」やアクアドールの医療対応ウィッグ「ヴィーナスウィッグ」、ミセス向けの髪型もラインナップされるプリシラのレディースウィッグ「プリシラボーテ」などがおすすめですので、各ブランドの公式通販サイトに掲載されている医療用ウィッグの特設ページで価格や仕様などを比較してみてください。

 

ミセス向けの医療用ウィッグはこちら!

 

医療用と安いウィッグの違いは?

医療用ウィッグとファッションウィッグを比較すると、内側のウィッグネットが頭皮に優しい素材となっていること、抜け毛の状況に応じてアジャスターなどでサイズを調整できること、抗菌素材など衛生面に配慮されていること、軽い&つけ心地が良いなど、体に対して負担を極力かけないように作られているかなど、使用感にも大きな違いがあります。

また、ウィッグを被っていることがバレないように、本物の頭皮のような人工皮膚がついたもの、つむじや分け目などが自然なもの、髪の毛のツヤや毛質が本物に近いもの、ドライヤーやコテ&アイロンでヘアスタイルを簡単に整えることができることも重要です。

人気のファッションウィッグ通販サイトのプレミアムウィッグは、くし通りが良く滑らかな日本製の高級耐熱ファイバーと光沢を抑えた耐熱ファイバーをミックス。人工スキン付きで自然な見た目となっており、サイズ調整やドライヤーなどでのセットにも対応、重さは、通常のファッションウィッグよりも40%以上も軽量化されており、格安でありながら十分に医療用ウィッグの代用として使用できます。

 

アクアドールの医療用ウィッグはこちら!

 

医療用かつらと同等の総手植え&モノスキン

医療用ウィッグとしても人気の「天使のボブ」は、医療用ウィッグや人毛ウィッグにも採用されている総手植え&ハンドメイド製法で制作されています。前髪の付け根や頭頂部まで手作りですので、本物の頭皮のような人工皮膚や良質な耐熱ファイバーと合わせて、より自然&バレにくいウィッグとなっています。

また、頭皮への負担を避ける事もできる、ウィッグ内部が柔らかいネットで制作された「モノスキン」を採用。通気性が良く&伸縮しますので、長時間かぶっていても疲れにくく、雑菌が繁殖しやすい人毛を使用していませんので、汗や蒸れなどによる衛生面でも最適です。

ニオイや汚れなどが気になる場合には、市販のシャンプーでもみ洗いすることもできますので、自然乾燥するまでは医療用帽子などを着用するか、複数個の安いウィッグを準備しておくのもオススメ。ぱっつん前髪などに美容室&美容院でウィッグカットしてもらった場合のトータルの値段でも、医療用ウィッグひとつより安いお手ごろな金額で用意することができます。

また、好きな帽子と組み合わせて使用できる付け毛付きのインナーキャップやウィッグ付き帽子&バンダナなど便利なグッズもありますが、結婚式や葬式など帽子を着用するのが不可の場所でも、自然な見た目のフルウィッグなら状況を説明することもなく安心です。

 

プリシラの医療用ウィッグはこちら!

 

格安で通販できる総手植え医療用ウィッグ

リネアストリア 天使のウィッグ

リネアストリアの医療用ウィッグはこちら!

 

アクアドールヴィーナス

アクアドールの医療対応ウィッグはこちら!

 

人気のショート&ボブウィッグ

医療用ウィッグではない通常のファッションウィッグですが、見た目も自然&激安で通販できますので、回復の状況や体調などに応じて医療用の代替として利用している方も多い人気のウィッグです。治療&衛生面を考慮すると、ロングやミディアムよりもショート&ボブのような短いヘアスタイルがオススメ。

抗癌剤治療などの後には、徐々に髪の毛が生えてきますので、カツラだとバレないか心配するよりもファッションだと割り切って、なりたかった髪型のウィッグで社会復帰してみると気持ちも楽になるでしょう。30代のアラサー女性はもちろん40代アラフォー世代や50代アラフィフのミセスでも、逆にオシャレに大変身できます。ファッションが好きな10代や20代のなかには、毎日のようにウィッグを被ってオシャレを楽しんでいる女子も多いです。

また、ストレス性の円形脱毛症による小さな10円ハゲや、多発性円形脱毛症でも抜け毛の部分が偏っている場合には、脱毛部分だけをつむじ付き前髪ウィッグ、えりあしエクステ、ワンタッチエクステ、部分ウィッグなどで隠すこともできますので、脱毛症、乏毛症、縮毛症、抜毛症、食毛症、無毛症、抗がん剤治療による副作用など、中学生や高校生など子供さんの脱毛に悩んでいる保護者の方もフルウィッグやハーフウィッグと合わせてチェックしてみてください。

 

リネアストリアの医療用ウィッグはこちら!

人毛タイプの天使のウィッグが新発売!

ミセス&メンズ、キッズウィッグまで

原宿系のアレンジウィッグがおすすめ!

グラデ&ツートンウィッグがかわいい!

ガールズウィッグはまとめ買いがお得!